公式LINEお友達登録はこちらをクリック!

自分を悲劇の主人公にするな!!

79 views
山路 和紀

山路 和紀

自己実現キャリアコーチ&ランニングコーチ

■自己実現キャリア&ビジネスコーチ
■ランニングコーチ兼フィジカルトレーナー
箱根駅伝出場の名門大学と陸上実業団チームにて指導者を8年経験し、現在は子供から大人、初心者からプロまで教えるランニングコーチとして活動。
また、あわせて、スポーツ選手の指導経験をもとに、心理学・ビシネス・キャリアデザインについて学び、大学生・若手社会人、スポーツ選手のセカンドキャリアなどの就職、転職、自己実現するためのキャリアデザインについてのコーチとしても活動中。

FOLLOW

【みんなの朝礼☀️】

平日・月〜金曜日毎朝投稿中📝

おはようございます☀️
コーチ山路和紀です😊🏃‍♂️🗣🔥笑

朝一から、
ちょっとした気づきや振り返り、
学びを得られる言葉を発信し、
皆さまの良き人生を創ることに
少しでも貢献できたらと思っております😊☀️
何卒宜しくお願い申し上げます🙇‍♂️☀️

今日の言葉は、

自分を
悲劇の主人公にするな!
周りを見ろ!
頑張っているのは、
自分だけじゃない!!

という言葉🗣🔥

ヒトは、元来、

「自分のことが一番大切であり、自分に一番興味がある」

「本来誰もが自分のことを認めてほしいし、
自分のことを分かってほしいと熱望している。」

こんな心理的特性があります。

この影響が良い方向に働けば、

前向きな自己理解や個性の発揮、
自分らしい生き方、
自信や豊かな表現力、
努力するモチベーション

などにつながるため、
良いのですが、

時にこの心理的特性を
「悲劇の主人公」になったような
悪い方向へ進めてしまうことがあります。

今日は、そんな心理のお話について、
書かせて頂こうと思います。
少しあてはまりそうだな〜と感じた方は、
せひ読んでみて頂けたら幸いです!


今日、お伝えしたい結論は、
今日の言葉の通り、

自分を
悲劇の主人公にするな!
周りを見ろ!
頑張っているのは、
自分だけじゃない!!

こんな視点を、
前述に述べた心理的特性が
人にはあることを理解した上で、
常に自分の中に、
客観的な視点として持っておいてほしい
というメッセージです!!

ついつい人は、時に、

自分が一番大変だ。
自分はなんて不幸なんだ。
自分には良いことがない。
自分にはなんでこんなに嫌なことが起こるのか。
なんでこんなに頑張っているのに報われないんだろう。

こんな言葉が頭の中で巡り、
そんなマイナスな感情で満たされた状態、
=「悲劇の主人公」のような心理状態になってしまいます。

自分にしか目が向かず、
世界で一番不幸な悲劇の主人公のように
自分のことを捉えて、そんな思考で、
目の前の人生を生きてしまいます。

こんな経験、
皆さん自身や周りの人には見られるでしょうか。

少しでも心当たりがあるとしたら、
その状態では、
その人は幸せになりにくくなってしまうし、
人間的な成長も止まってしまうため、
今すぐ、
その考えを改善できる方向に向かってほしいと
強く思っています!!

そう思う理由としては、3つあります!

①できない、うまくいかない理由を
自分ではない他のもののせいにしてしまう。

これは、最も見られる兆候で、

自分はこんなに嫌で辛い中でも頑張っている!

なのに、

うまくいかないのは、結果がでないのは、
自分のせいではなく、周りの人や環境が悪い。

こんな思考になってしまい、
自分ことを振り返ることができず、
自分に原因があったとしても、
そこに目を向けられないため、
いつまでもそのできない、うまくいかない状態から
抜け出せなくなってしまう。

こんなことが起きてしまう可能性があるからです!!

②努力の上限が止まってしまう、下がってしまう

2つ目の理由としては、

「努力」の上限が止まってしまう、下がってしまう

ということ。

これはどういうことかと言うと、

悲劇の主人公のような心理状態
自分にしか矢印が向いていないと、

自分しか見えなくなり、

「もう自分は十分頑張っている」

と自分の基準で自分の上限を決めてしまいます。

ただ、ふと周りを見てみると、
自分よりも努力しているのに、
そんな「頑張っている感」なんて1ミリも出さずに
楽しそうに圧倒的な努力をしちゃっている人がいて
やはり、自分にしか矢印が向かず、
自分の基準という殻に収まり、
自分の上限を低く止めてしまっていては、
スポーツでも、ビジネスでも、
ある一定以上の成果や結果、
一流と呼ばれる域に行くことはできません!!

もちろん、常に上を目指して、
自分を否定し続けるというのは、
心が辛くなってしまいます💦

なので、今の自分を差し引きせずに正確に認め、
自分を否定や批判はすることなく、
淡々と周りを見て、
自分を悲劇の主人公なんかにしていないで、
自分より凄い努力をできている人から、
その要因を学んで自分に活かして、
どんどん自分を成長させて行けたら、
それがベストだな〜と
私は思っています🔥

③幸せになれない‼️

最後3つ目の理由は、

自分を悲劇の主人公にしている内は、
決して、

「幸せになれない」

もう少し噛み砕いた言い方で言うと、

「幸せを感じられない」

ということです💦

皆さんにとって、
「幸せ」とはなんでしょうか?

多分、答えは人それぞれ違うし、
人の数だけ答えがある‼️

そう、今の自分が、
幸せかどうか、
自分の幸せの基準や定義は、
自分で決めて良いものなんです✨

お金をたくさん稼いで
幸せを感じる人もいれば💰

家族を大切にして、
幸せを感じる人もいる✨

朝の太陽を浴びることで
幸せを感じる人もいれば☀️

毎回ご飯を食べる前に
幸せを感じる人もいる🍙

本当に、どんなことを
自分にとって幸せとするかは
自分次第なんです❗️

ですが、

自分を、自分の意識のなかで、
悲劇の主人公にしてしまっているヒトは、

「幸せ」、「幸福感」を
感じることができない。

常に、
「嫌なこと」、「辛いこと」、
「足りないこと」、
「頑張らなきゃ行けないこと」に
意識が向いてしまっているから、

自分の今ある「幸せ」さえ見えなくなってしまう。
こんなことが起きてしまいます😥

以上、3つの理由をお話しましたが、

だからこそ、

どこかで自分を悲劇の主人公にしてしまう思考
から抜け出さなくては行けない‼️

でも、抜け出すためには、
自分がそんなふうな思考になってしまっていることに
気づかないと考えを変えることはできません💦

前述している通り、
自分を悲劇の主人公にしてしまっている人ほど、
思考も視野も狭くなり、
広い視線で、幅広い思考をすることが
できなくなってしまっている。

無意識に、
自分は、、、
自分は、、、
という思考に陥り、
悲劇の主人公に自分で自分をしてしまっていたりします。

だからこそ、
今回のような記事で、
こんなことがありえることを文字で認識し、
冷静に自分と照らし合わせてみて、
振り返ってみたり、

もしこの記事のような状態が
当てはまる人が自分の周りにいるなら、
そっと声をかけてあげたり、
嫌味なくこの記事をオススメしてあげたり
してみてください☺️📝

今日の言葉は、

自分を
悲劇の主人公にするな!
周りを見ろ!
頑張っているのは、
自分だけじゃない!!

という言葉🗣🔥

今日の言葉が、皆さまにとって、
少しでもお役に立ったなら、
とても幸いです😊✨✨
今日も素敵な一日をお過ごし下さい☀️☀️

★気づきや感想のコメント、質問、シェアなどして頂けると山路が泣いて喜びます🤣💡お待ちしてまーす🤣‼️

【公式LINEのお友達登録募集中🙇‍♂️💡】

運動指導・走り・コーチングなどの
学びのシェアやイベント情報に興味のある方はこちら
🔽

https://lin.ee/oO1RAtS

キャリア・ビジネスなどの
学びシェアやイベント情報に興味のある方はこちら
🔽

https://lin.ee/fSI2xeN

※もちろん2つともご登録頂いても大丈夫です(^ω^)/✨

悲劇のヒロイン症候群

悲劇の主人公

幸せ

努力

モチベーション

自分らしく生きる

人生哲学

みんなの朝礼

自己実現

ビジネス

駅伝

トップアスリート

マインドセット

経営者

生き方

天職

ランニング

人財育成

大学生

就職相談

転職相談

進学相談

スポーツ

子育て

マラソン

コーチ

キャリアコンサルタント

山路和紀

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA