公式LINEお友達登録はこちらをクリック!

「ください、ください」では、チャンスは訪れない。与えることから始めよう!

20 views
山路 和紀

山路 和紀

自己実現キャリアコーチ&ランニングコーチ

■自己実現キャリア&ビジネスコーチ
■ランニングコーチ兼フィジカルトレーナー
箱根駅伝出場の名門大学と陸上実業団チームにて指導者を8年経験し、現在は子供から大人、初心者からプロまで教えるランニングコーチとして活動。
また、あわせて、スポーツ選手の指導経験をもとに、心理学・ビシネス・キャリアデザインについて学び、大学生・若手社会人、スポーツ選手のセカンドキャリアなどの就職、転職、自己実現するためのキャリアデザインについてのコーチとしても活動中。

FOLLOW

【みんなの朝礼☀️】
➡️(改め4/1〜)【やまじさんの朝礼☀️】

平日・月〜金曜日ほぼ毎朝投稿中📝

おはようございます☀️
運動指導者✖︎キャリアコーチの
山路和紀です😊🏃‍♂️🗣🔥笑

朝一から、
ちょっとした気づきや学びを発信し、
より多くの人たちの
「自分らしく幸せに生きる」
に少しでも貢献したいと思っております😊
何卒宜しくお願い申し上げます🙇‍♂️☀️

今日の言葉は、

ください、
ください、
でチャンスは来ない!
まずは、
与えることから
チャンスは訪れる!

という言葉🗣

最近、改めて、
ビジネスの現場や、
学校現場で、

チャンスを手に入れる人

チャンスを逃してしまう人

その人の特徴を強く感じ、
この言葉の大切さを感じたため、
今日はシェアさせていただきます💡

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

①「ください、ください」姿勢の人にチャンスは来ない!

例えば、ビジネスの現場で、
意識高い系の若者が、

自分よりもその仕事や業界で結果を出している
ビジネスパーソンや経営者の人に、

「僕も〇〇したいんです!」
「僕も〇〇になりたいんです!」

だから、教えてください!!

と訪ねてくる💡

その勇気を持ったファーストアクションは、
確かに見込みはあるが、

結果を出している
ビジネスパーソンや経営者の人ほど、
自分の時間を大切にしている❗️

だから、
そんな急に訪ねて来た若者に、
自分の時間を費やす必要性も義理も
1mmもない!!

そのため、
ほとんどの人は、断るが、
そのうち何人かの
心の広いビジネスパーソンや経営者の方は、

その人が、
「自分の時間」を費やしても良いほどの
”情熱”や”本気”があるかを試してくれる‼️

例えば、

「そしたら、
まず指定する本3冊を1週間で読んで
自分なりに要約してきて。」

「1ヶ月以内に10人の人から、
●●についてインタビューして、
それをまとめてきて」

などなど、

ある程度の時間や労力、
やる気や想いがなければできないような
「課題」を出し、その訪ねてきた若者の
”情熱”や”本気”を試してくれる💡

その時に、その後の考動は、
大きく分けると二つに分かれる❗️

本当に”情熱”や”本気”があるし、
心の底から、その人にどうしても教えてほしいと
思っていたら、締切期限よりも
早いくらいのタイミングで、
その課題をクリアし提出する人🔥

もう一方は、

”その人”にどうしても教えてほしい訳ではなく、
とにかく自分がなんとなく凄くなりたくて
力のあるビジネスパーソンや経営者の方に
お願いしてみたら、

楽に自分も結果を出す方法を
教えてもらえる、自分もできるようになる

くらいの考えや気持ちしかなかったため、

課題を与えられてしまうと、
そこに答えるほどの”情熱”や”本気”はないため
課題を行うことができず、

教えてもらおうとしていた、
ビジネスパーソンや経営者からは離れ、

その若者は、
また結果を出している新たな
ビジネスパーソンや経営者を探し始める。

「教えてください!」
という初まりの言葉は一緒で、
同じ課題を与えれても、
その課題に対して起こした行動の結果は
大きく二つに分かれる💡

このような二つの人の考動を、

前者は、「与える人」
後者を、「ください、くださいの人」

と私は分けています💡

前者の若者は、
まず、「課題をこなす」ということで、
経営者やビジネスパーソンから、
「もらう」前に、まず、
自分の時間と情熱を、
相手に与えた🔥

一方、後者の若者は、
基本的に、自分はラクしたい精神があり、
「与えない」けれど、
「ください、ください」と、
相手に何も「与える」前から、
相手から「ください、ください」と
もらうことばかりを主張している💦

酷い人にあると、

自分がもらえないのは、
先に与えていない自分が原因なのに、

「あの人はケチだ。」
「あの人は心が狭い。」

とか、

自分を棚に置いて、


教えてもらおうとした、
経営者やビジネスパーソンに
文句や不満を抱いて、
否定し始めたりする💦

これは、
典型的な


「ください、ください」人間。

自分の努力不足の責任を
他人に転嫁してしまっている。

このような人に対して、
力のあるビジネスパーソンや経営者が
時間を費やすことはない。
チャンスが舞い込むことはない。

すごい人ほど、
自分の時間を大切にしているからこそ、
相手の本気度を試す💡

これが現実である❗️

②就職活動中の大学生の話

先日、1人の大学生に
就職について相談された。

「●●業界では大手の●●会社に行きたい」
「その実現のために、
何をしなくちゃいけないですか❓」

   

と学生のAくんに聴かれた^_^🗣

その時に、山路が答えた回答は、

インターンでも、
ボランティアでも良いから、

その就職したい会社に行って、

とにかくタダ働きせよ❗️
とにかくそこで、活躍せよ‼️
まず、自分ができること、
一緒懸命なところを見てもらう機会を
自分でつくり、
そこの会社に、自分が今できることで、
精一杯、貢献してきなさい❗️
与えてきなさい‼️

というアドバイスをしました💡

なぜなら、
企業や経営者は、

積極的ですぐに企業に貢献してくれそうな
即戦力が欲しい❗️

受け身で、
教えてください、指示してください、
待ちのくださいください人間は
いらない💦

だから、
まずは、今自分がその会社や経営者の方に
「与えられる」、
時間や情熱をとにかく与えること🔥

これが、
A君にチャンスを呼び込むと思うよ✨

と伝えました💡

さらにいえば、

会社の新入社員でも、
コピーなどの雑用を上司から
頼まれて、
面倒くさそうにやっている新人と
そのような小さい作業でも、
今の自分が出来ることを一生懸命やる
と決めて、与えようとしていた新人では、
間違いなく後者の新人のほうが、
その後に、上司から信頼され、
任される仕事が大きくなり、
出世も早かったという成功例や、

他の学生さんでも、
授業態度が認められ、先生に
理想に近いインターン先を紹介され、
そのインターン先でも、
一生懸命取り組むことで、
インターン先の経営者やメンバーに
気に入られ、ほぼ採用確定になった成功例

などなど、

教えて、教えて、
ください、ください

ではなく、

まず自分が先に、

与えて、与えて、与え続けることで

大きなチャンスを呼び込み、
それを手に入れている成功例を
たくさん見てきました😊☀️

今日の言葉は、

ください、
ください、
でチャンスは来ない!
まずは、
与えることから
チャンスは訪れる!

という言葉🗣

今日の言葉が、
皆さんの「自分らしく幸せな人生」を
実現・永続することに、
少しでもお役に立っていたなら、
とても嬉しいです😊✨✨
今日も素敵な一日をお過ごし下さい☀️☀️

★気づきや感想のコメント、質問、シェアなどして頂けると山路が泣いて喜びます🤣💡
ぜひお待ちしてまーす🤣‼️

【公式LINEのお友達登録募集中🙇‍♂️💡】

運動指導・走り・コーチングなどの
学びのシェアやイベント情報に興味のある方はこちら
🔽

https://lin.ee/oO1RAtS

キャリア・ビジネスなどの
学びシェアやイベント情報に興味のある方はこちら
🔽

https://lin.ee/fSI2xeN

※もちろん2つともご登録頂いても大丈夫です(^ω^)/

ギバー

#テイカー
#チャンスの作り方

与えることからはじめる

#情熱

経営者目線

自分らしく生きる

やまじさんの朝礼

自己実現

ビジネス

駅伝

トップアスリート

マインドセット

経営者

生き方

天職

ランニング

人財育成

大学生

就職

転職

進学

スポーツ

子育て

マラソン

コーチ

キャリアコンサルタント

山路和紀

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA