公式LINEお友達登録はこちらをクリック!

「思考体力」を鍛えよう!

109 views
山路 和紀

山路 和紀

自己実現キャリアコーチ&ランニングコーチ

■自己実現キャリア&ビジネスコーチ
■ランニングコーチ兼フィジカルトレーナー
箱根駅伝出場の名門大学と陸上実業団チームにて指導者を8年経験し、現在は子供から大人、初心者からプロまで教えるランニングコーチとして活動。
また、あわせて、スポーツ選手の指導経験をもとに、心理学・ビシネス・キャリアデザインについて学び、大学生・若手社会人、スポーツ選手のセカンドキャリアなどの就職、転職、自己実現するためのキャリアデザインについてのコーチとしても活動中。

FOLLOW

【みんなの朝礼☀️】
➡️(改め4/1〜)【やまじさんの朝礼☀️】

平日・月〜金曜日ほぼ毎朝投稿中📝

おはようございます☀️
運動指導者✖︎キャリアコーチの
山路和紀です😊🏃‍♂️🗣🔥笑

朝一から、
ちょっとした気づきや学びを発信し、
より多くの人たちの
「自分らしく幸せに生きる」
に少しでも貢献したいと思っております😊
何卒宜しくお願い申し上げます🙇‍♂️☀️

今日の言葉は、

成功するために
思考体力を
鍛えよう!!

という言葉🧠💡

30代になり、
20代の頃よりも志事の内容が、
手や身体を動かして、
ただ指示された「作業」していれば
良かった段階から、
手や身体よりも「頭」を使って、
「考える、生み出す」段階に変わり、
考える機会や量が格段に増えています🧠💡

もっと良くするためには?
相違なく伝えたいことを伝えるためには?
集客するためには?
他に方法はないか?
もっと効率的に行うためには?
ヒトに気持ちよく動いてもらうためには?
より品質を上げるためには?
本当にやるべきことは?

などなど、、、

たくさんの問いを自分に課し、
考えることが増え、
考える時間や機会が増えてきています💡

そんな時に、最近思ったのは、

単発的に、短期的に、
一つ一つの問いを
「考えること」はできても、

一つの問いを長期間「考え続けること」、

複数の問いを1日に続けて何個も、
何時間も考え続けること、

この二つが、
なかなかでききっていない自分に
気づきました😓💦

すぐに「考えること」に脳が疲れてしまい、
長時間考えられない、
深く考えられない、
俯瞰的に考え、大局まで考えきれない、
他分野に置き換えて考えきれない

などなど、
自分の弱点に気づく毎日です💦

決して、
単発で「考えること」が
できないわけではないのですが、
「考え続ける力」は、また”別物”だと、
最近は感じています😓

ただ、そこは山路です❗️

そんな弱点を克服するために
何かできないか?

と調べていたところ、

「思考体力」

という言葉に出会いました✨

今日は、そんな今、山路が
絶賛興味深々で、挑戦中の言葉について
ご紹介させていただきます😊💡

①思考体力とは何か?

「思考体力」とは、
簡単に言えば、

物事を考え続ける力のこと。

そして、

「考え続ける」という言葉は、
まだまだ抽象的なため、

もう少し具体化していくために、

出会ったのが、

東大教授の考え続ける力がつく思考習慣』

という、

東京大学先端科学技術研究センター教授の
西成活裕先生が書かれた本に書かれている、

7つの思考力で考え続ける

を今は実践しています🔥

7つの思考力とは、

1.能動的に考える力=自己駆動力

2.常にもう1段先を考える力=多段思考力

3.あらゆることを疑ってみる力=疑い力

4.全体を俯瞰して見る力=大局力

5.物事を分類して選び取る力=場合分け力

6.思考の階段を何段も飛ばす力=ジャンプ力

7.物事を細分化して考える力=微分思考力

詳しくは、
西成先生の著書をお読み頂きたいのですが、

要するに文章でまとめてみると、

全てを鵜呑みにせず、疑う目線も持ち、
自ら様々なことに疑問を持つことで
自発的に考えることを習慣化しよう❗️
そして、考える際は、
細部から、大局(全体像)まで、
行ったり来たりしながら見て考え、
常にもう一段深く、もう一歩進んだ
考えはないかを追い求めつつ、

そこで見つかったそれぞれの考えの
良い点、悪い点、課題を
リスト化することで、
どの考えが最適解なのか、
第3の答えはないのか、
という思考パターンを行って行こう❗️
最後に、もし煮詰まったなら、
考えることを一時的にあえてやめて、
考えを寝かしつけることで、
また、ひらめきがあった時に、
考えを飛躍させよう‼️

こんな7つの思考パターンを経ることで、
一つの物事を複数の視点で考え、

「考え続ける力」=「思考体力」

を鍛えよう💪

というお話が、
この本には書いてありました😊💡

ちなみに、
山路は、これを即実践中でございます😆💡

②成功するために必要な「思考体力」という力

では、なぜ、
「思考体力」が成功のために必要なのか?

この問いですが、

まずこの問いを答える前に、
「成功」の定義は、
人それぞれ違うため、
ここでの「成功」の定義は、

自分の定めた目標を達成すること!
夢を実現すること!
=自己実現すること

とさせてください☺️💡

では、改めて、

「成功」するために?
なぜ「思考体力」が必要なのか?

それは、

「思考体力」がない、弱いヒトは、
考え続けられないヒトは、

1.やりたいことがない

2.自分の将来のために何をすればいいのかわからない

3.何事も短絡的に考えてしまう

4.いつも途中で挫折してしまう

5.正確な情報を得ることができない6.ケアレスミスが多い

7.騙(だま)されやすい

8.段取りが悪い

9.気が利かない

10.目先の利益にとらわれて損をする

11.選択を間違える

12.困ったとき、打つ手が考えられない

13.落ち込んだとき、立ち直れない

14.集中できない

上記のような14項目のことが、
現実に起きてしまうと研究でわかっており、

このような14項目があっては、

目標を叶える❗️
夢を叶える‼️

ことが、
難しくなってしまうことは、
誰がどう見ても感じるところでは
ないでしょうか💦💦

だからこそ、
この14項目を改善し、
目標を叶えられる自分になるため、
夢を叶えられる自分になるため、

「思考体力」を伸ばしていく💪

こんな視点を持つことの大切さを
共有できたらと思い、
今朝のブログは書きました☺️📝

今日の言葉は、

成功するために
思考体力を
鍛えよう!!

という言葉🧠💡

「エッセンシャル思考」、
「ロジカルシンキング」、
「ロジックツリー」、
「マインドマップ」、

などなど、

効率よく考えるための

「考える方法」=技術

を学ぶことも、
とても大切ですが、

「考え続ける力」=体力

を鍛えることも、
同じくらい大切であると思っています❗️

野球で例えれば、

どれだけホームランを打つ、
打法について知っていて、
たまに一回くらいできたとしても、

その技術を
いつでも、何回でも再現し、
実現し続けるための、
筋力や体力があり、
何千、何万回とバットを振れなければ、
ホームランを打つことは
決してできません💪

だからこそ、

「考え方」=技術

だけでなく、

「考え続ける力」=体力

にも意識を向けて、
鍛えていけたら最高だなぁーっと
山路は思っております☺️☀️☀️

今日の言葉が、
皆さんの「自分らしく幸せな人生」を
実現・永続することに、
少しでもお役に立っていたなら、
とても嬉しいです😊✨✨
今日も素敵な一日をお過ごし下さい☀️☀️

★気づきや感想のコメント、質問、シェアなどして頂けると山路が泣いて喜びます🤣💡
ぜひお待ちしてまーす🤣‼️

【公式LINEのお友達登録募集中🙇‍♂️💡】

運動指導・走り・コーチングなどの
学びのシェアやイベント情報に興味のある方はこちら
🔽

https://lin.ee/oO1RAtS

キャリア・ビジネスなどの
学びシェアやイベント情報に興味のある方はこちら
🔽

https://lin.ee/fSI2xeN

※もちろん2つともご登録頂いても大丈夫です(^ω^)/

思考体力

#西成活裕先生
#東大教授の考え続ける力がつく思考習慣

成功法則

#考え続ける力

技術と体力

自分らしく生きる

やまじさんの朝礼

自己実現

ビジネス

駅伝

トップアスリート

マインドセット

経営者

生き方

天職

ランニング

人財育成

大学生

就職

転職

進学

スポーツ

子育て

マラソン

コーチ

キャリアコンサルタント

山路和紀

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA