公式LINEお友達登録はこちらをクリック!

リーダーの心得!マネジメントにおいて、「言うは易し行うは難し」を忘れてはならない!

136 views
山路 和紀

山路 和紀

自己実現キャリアコーチ&ランニングコーチ

■自己実現キャリア&ビジネスコーチ
■ランニングコーチ兼フィジカルトレーナー
箱根駅伝出場の名門大学と陸上実業団チームにて指導者を8年経験し、現在は子供から大人、初心者からプロまで教えるランニングコーチとして活動。
また、あわせて、スポーツ選手の指導経験をもとに、心理学・ビシネス・キャリアデザインについて学び、大学生・若手社会人、スポーツ選手のセカンドキャリアなどの就職、転職、自己実現するためのキャリアデザインについてのコーチとしても活動中。

FOLLOW

【みんなの朝礼☀️】

平日・月〜金曜日毎朝投稿中📝

おはようございます☀️
コーチ山路和紀です😊🏃‍♂️🗣🔥笑

朝一から、
ちょっとした気づきや振り返り、
学びを得られる言葉を発信し、
皆さまの良き人生を創ることに
少しでも貢献できたらと思っております😊☀️
何卒宜しくお願い申し上げます🙇‍♂️☀️

今日の言葉は、

リーダーの心得
メンバーのマネジメントは、
「タスク把握」から始まる。
言うは易し行うは難し
を常に忘れてはならない!

という言葉🗣💡


 
 
今日の記事は、
 
一緒に働いたり、活動する部下やメンバーに、
慕われる、信頼される、
リーダーや上司であるために、
私が現場で必要だと強く感じていることを、
実例を込めて記載させて頂きます。

 
伝えたいメッセージを結論から申し上げると、
 

「リーダー」や「上司」という立場になり、
1人以上の部下やメンバーと一緒に活動し、
物事に取り組むマネジメントをしながら、
成果や結果を出さなければならなくなった時、
 
その部下やメンバーをマネジメントするための
最初の1歩目は、
メンバーや部下が今やっている

「タスクを把握すること」

だと私は感じています💡

 そして、その把握した後に、

プレイヤーだった時と違い、
部下やメンバーに仕事をお願いする場面が
出てくると思いますが、
その時に常に、

言うは易し行うは難し

という姿勢を常に忘れずに、
お願いする仕事の作業量、大変さなどの
仕事のサイズを正しく理解した上で、
部下やメンバーの現状も把握しながら、
仕事を分配していく💡

この当たり前だけど、とても大切なことを、
真摯に、常に忘れないリーダーや上司で
 在りたいと思っていますし、
そんな存在で在れたなら、
メンバーや部下から
慕われる、信頼される
リーダー、上司で在れると思っています❗️

このような考えになった理由ですが、

プレイヤーとしての私も含めてですが、
部下やメンバーの不平不満でよく聞くのは、

リーダーや上司が、
自分のやっていることをわかっていない、
正確に把握していないことへの
不平不満であることを
現実で見て、聞いて、感じているからです💡

恋愛や夫婦関係でもよく言われますが、
ヒトは本来、

「自分のことを知ってほしい」
「自分の話を聞いて欲しい」

という欲求があります❗️

恋愛関係や夫婦関係が崩れる原因の
第一位も「コミュニケーション不足」、

「相手が自分をわかってくれない」
「相手の話をちゃんと聞かない」
「相手のことを把握していない」

がよく挙げられます💡

恋愛や夫婦関係ほど、
その要素が強くはなくとも
リーダー・上司と
メンバー・部下の関係性にも
その要素は確実に影響しています💦

そして、次に、

 自分が実際に手を動かし、頭を動かし
作業を行うプレイヤーの立場の時は、

「一つの作業」に対して、
それにはどれくらいの時間と労力がかかり、
それくらい大変かが、
自分で日々やっているからこそ、
正確にわかるものですが、

それが一転、

リーダーや上司へと立場がかわってしまうと、
気をつけていないと、

少し前までやっていた作業の大変さや
それにかかる労力を忘れてしまい、

自分が実際にプレイヤーとして行っていた時よりも、
仕事のサイズを小さく見積もるようになり、
メンバーや部下が忙しい状態だとしても、
いかにも簡単な作業であるかのように、
仕事を分配してしまう💦

これが、メンバー・部下が、
上司・リーダーへ不平不満を抱く
具体的な場面です💦

言うは易し行うは難し。

リーダーや上司は、
簡単そうに言うけれど、
実際にそれを行う
部下やメンバーの作業は
上司やリーダーが感じているほど
簡単でも、楽でもない。

それなのに、

簡単、すぐ終わる、と思ってしまっているから、
部下への「タスク把握」の物差しが狂い、
の狂った物差しでのマネジメントは、
メンバーや部下たちに大きな不平不満を
呼び起こすのです💦

 
与えられた自分の範囲で、
仕事を行うプレイヤーとしての立場の時と、

一人以上の部下やメンバーと協力したり、
人に動いてもらって物事を成し遂げる、
上司・リーダーという立場では、
 
考え方や気を遣うべき行動指針に
“違い”があると思っています!
 
 
結果や成果を出すために、
“自分だけ”をマネジメントしておけばよかった、
プレイヤーと、
 
赤の他人もマネジメントし、動きを見ながら、
結果や成果を目指す上司・リーダーでは、
違うのは当たり前💡

でも、そんな当たり前のことを、
自分が上の立場になると、
ついつい忘れてしまう。

今日の言葉は、

リーダーの心得
メンバーのマネジメントは、
「タスク把握」から始まる。
言うは易し行うは難し
を常に忘れてはならない!

という言葉🗣💡

常にプレイヤーであった時のことを忘れない、
メンバーや部下の現状を正確に把握し、
マネジメントできる、
リーダー、上司で在りたいと思っています☺️

今日の言葉が、皆さまにとって、
少しでもお役に立ったなら、
とても幸いです😊✨✨
今日も素敵な一日をお過ごし下さい☀️☀️

★気づきや感想のコメント、質問、シェアなどして頂けると山路が泣いて喜びます🤣💡お待ちしてまーす🤣‼️

【公式LINEのお友達登録募集中🙇‍♂️💡】

運動指導・走り・コーチングなどの
学びのシェアやイベント情報に興味のある方はこちら
🔽

https://lin.ee/oO1RAtS

キャリア・ビジネスなどの
学びシェアやイベント情報に興味のある方はこちら
🔽

https://lin.ee/fSI2xeN

※もちろん2つともご登録頂いても大丈夫です(^ω^)/✨

言うは易し行うは難し

タスク把握

マネジメント

リーダーシップ

コミュニケーション

自分らしく生きる

人生哲学

みんなの朝礼

自己実現

ビジネス

駅伝

トップアスリート

マインドセット

経営者

生き方

天職

ランニング

人財育成

大学生

就職相談

転職相談

進学相談

スポーツ

子育て

マラソン

コーチ

キャリアコンサルタント

山路和紀

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA