公式LINEお友達登録はこちらをクリック!

目標達成するために、「自己嫌悪」に気をつけよう!ゴールを見つつも、タスクに集中しよう!

56 views
山路 和紀

山路 和紀

自己実現キャリアコーチ&ランニングコーチ

■自己実現キャリア&ビジネスコーチ
■ランニングコーチ兼フィジカルトレーナー
箱根駅伝出場の名門大学と陸上実業団チームにて指導者を8年経験し、現在は子供から大人、初心者からプロまで教えるランニングコーチとして活動。
また、あわせて、スポーツ選手の指導経験をもとに、心理学・ビシネス・キャリアデザインについて学び、大学生・若手社会人、スポーツ選手のセカンドキャリアなどの就職、転職、自己実現するためのキャリアデザインについてのコーチとしても活動中。

FOLLOW

【みんなの朝礼☀️】
※平日・月〜金曜日毎朝投稿中💡

★世の中を良い情報で席巻するため、
「良い❗️」と思ったら、
ぜひシェアして頂けたら嬉しいです🙇‍♂️✨

皆さん、おはようございます☀
コーチ山路和紀です😊🏃‍♂️🗣🔥

2021年も朝一から、
ちょっとした気づきや振り返り、
学びを得られる言葉を発信し、
皆さまの一日を良い言葉から始め、
良き人生を創ることに少しでも
貢献できたらと思っております😊☀️☀️

2021年も何卒宜しくお願い申し上げます☀️

【みんなの朝礼☀️】

今日の言葉は

目標達成するために、
自己嫌悪に気をつけよう!
ゴールを見つつも、
タスクに集中しよう!

という言葉💡

【今日の目次】
(1)ヒトの“行動”を生むモノ
(2)「自己嫌悪」に気をつけよ!
(3)タスクフォーカスの重要性

【(1)ヒトの“行動”を生むもの】

目標達成するためには、

達成に向けた“行動”が必須となります!

“行動”しなくては、
目標が叶う日は決して来ませんよね(;’∀’)💦

では、

その“行動”を生むためには、
その“行動”を継続するためには、
どうすれば良いかということになりますが、

“行動”を生みだす原動力となるのは、
行動する動機=心(思考+感情)

です💡

心理学的にいえば、
“行動する”動機があり、
“行動する”思考・感情である時、
ヒトは“行動”することができます!

逆に言えば、

“動機がない”、“行動したくない”
という「思考・感情」の状態であったなら、
ヒトは“行動”することができません。

当たり前のことですが、
ついつい私たちは忘れてしまうので、
改めて書きました(^-^;

なので、

「動機付け」、
「やる気」、「モチベーション」を出す、維持する、

というような言葉がよく使われ、
皆さんもよく耳にする言葉ではないかと存じます。

【(2)「自己嫌悪」に気をつけよ!】

ここまでの話を前提に、

「目標達成」に向けて“行動”する中で、

目標達成したい!
目標達成したら、こんな意義がある!目的を果たせる!
目標達成したら、こんなメリットがある!利益がある!

と前向きな思考と感情で、
行動するエネルギーが溢れている時、

そのエネルギーを極端に減らしてしまうもの、

それが、

「自己嫌悪」

なんです!!

目標達成に向けた“行動”を習慣化したいのに、
ついつい自分の欲求に負けて、できない日が続いてしまった。

頑張っているつもりだが、なかなか結果がでない。

上記のようなことは、
「目標達成」を目指す過程で、
たくさんのヒトが直面する出来事です!
たくさんのヒトが経験するということは、
このようになることがヒトとして普通なんです!!

ただこの時に、

「自己嫌悪」の罠

は襲ってきます!!

自分がやると決めた“行動習慣”ができない。
結果を出すことができない。

こんな、「やるせない気持ち」を、
うまくいかない現実を
どうにかしてやり過ごすために、

自分はなんてダメな奴なんだ。
自分は弱い人間だ。
本当に自分は能力がない。

などなど、

「自己嫌悪」、「自己否定」の言葉を自分に浴びせ、
自分を嫌いになることで、
なんとかこの気持ちや
できない現実、結果のでない現実から、
目をそらそうとしてしまいます💦

そして、
思考や感情をマイナスにし、
「こんなダメな自分じゃ、結果なんて出せない。」と
意識的か、無意識的か、そのどちらかの形で自分に言い訳を作り出し、
行動するエネルギーを下げて、
結局は、“行動”をやめ、「目標達成」を諦めてしまいます。

ただ、この時、
「目標達成」に向けて、本当に必要だったことは、
「自己嫌悪」だったのでしょうか。
必要以上に自分を自分で傷つけて心のエネルギーを下げ、
思考や感情をマイナスな状態にすることだったのでしょうか。

私は、これを「自己嫌悪の罠」だと思っています💡

厳しいことを言えば、
「自己嫌悪」することで、
「自分は力もないし、ダメに奴だからしょうがない」っと
結局は“行動”しない言い訳を自分で作り、
現実を変えられない自分を正当化してしまっているのではないでしょうか。

冒頭にも書いた通り、
“行動”しなければ、「目標達成」する日は、決して訪れません!!

今はできなくても、結果がでなくても、
“行動”し続け、“挑戦”し続けたら、必ず「目標達成」には近づきます!

自分の中で、「自己嫌悪」しようが、どう感じ考えようが、
“行動”し続けさえできれば、少しずつでも目の前の現実は変えていけます!

なのに、ヒトは「自己嫌悪」して、ダメな自分と自分で決めつけ、
だからしょうがないと現実の言い訳を認め、
心のエネルギーを下げ、“行動”しない言い訳と自分を作って、
結局は、変わらない「現状維持」を選択してしまいます。

「目標達成」するために、
本当にこの時、必要だったことは、

自分を客観的に見つめ、
“習慣化”できない原因や結果のでない原因を、
分析して明らかにし、仮説をたてて、その改善案を立案し、
その改善案に心躍らせ、これならよりできるようになると信じ、
再度、その改善案を胸に“行動”に挑戦し続けること💡

だったのではないでしょうか。
なのに、その前向きな思考や感情を生む機会を、
「自己嫌悪の罠」は奪っていきます(;’∀’)💦

【(3)タスクフォーカスの重要性】

では、「自己嫌悪の罠」にはまらないためにはどうするのか。

もちろん、今日の(2)までの記事を読んで頂き、
こんなことがあるんだな~と、
知って、意識して、心理的に備えて頂くだけでも、
罠を回避できると思うのですが、

あえて、もう一つ、
この罠にはまらない、「自己嫌悪」を起こさない方法が、

「タスクフォーカス」

という考え方です💡

なぜ「自己嫌悪」が起きるのかというと、
“できていない自分”、“至らない自分”がいるからですよね(^-^;??

ただ、前の部分で紹介した「目標達成」に向けた段階で起きる現実は、

目標達成に向けた“行動”を習慣化したいのに、
ついつい自分の欲求に負けて、できない日が続いてしまった。

頑張っているつもりだが、なかなか結果がでない。

というようなことであり、
この時に「自己嫌悪」が起きてしまうのは、

「ゴールフォーカス」

になってしまっていることが一つの原因です💡

「習慣化」という“ゴール”。
「結果」という“ゴール”にばかり注目してしまい、

それができていない=ダメな自分

という視点になっており、
“ゴール”を満たせていない自分を認めることができない状態のため、
「自己嫌悪」が発生しやすくなってしまいます💦

なので、ここで少し思考の視点を変えて、

「タスクフォーカス」

という考え方を取り入れてほしいと思っています☺!!

「タスクフォーカス」とは、まぁ日本語の訳通り、

「タスク:作業」に、「フォーカス:焦点」をあてるという意味💡

今回の話にあてかねて説明すると、

「習慣化」、「結果」という、「できた/できない」のゴールにだけに
焦点をあてるのではなく、

「習慣化」を目指す中で、今までやれてきた“行動”や、
「結果」を目指す中で、今までやれてきた“作業”に焦点をあてて、
自分を見つめてみるということです!!

もっと具体的に言えば、

年始に「10Kg痩せる」と目標を立て、毎日30分走ると行動目標を決めた!

ここで、「ゴールフォーカス」が強すぎると、
体重計に乗り、体重がほとんど減っていないと、
減っていない現実で自分を攻め、「自己嫌悪」の芽がでてきたり、
毎日30分走ると決めたのに、夜更かしや同僚との飲み会なので、
出来ない日が2、3日続くと、「習慣化」できない自分を攻めようと、
「自己嫌悪」の芽がでてきます💦

ただ、ここで「タスクフォーカス」してみてほしいんです💡
年始に「10㎏痩せる」と目標を立てる前は、
痩せることについて考える時間も、意識する量も少なかったはず!!
“毎日30分”とはかけ離れ、
1カ月1日だって、1分だって走っていなかったかもしれない💦
そんな自分が、「目標」を掲げ、
仮に痩せる意識で、少しでも食事の内容や量に意識を配らせ、
痩せやすいように工夫できていたり、
例え、毎日でなくても週に1、2日だって走れるようになっていたら、
「目標」を立てる前の“自分”より、
今の“自分”はかなり“行動”できているし成長しているはずです🔥

確かにまだ体重の数値は思ったより減っていないし、
毎日30分の習慣化という「ゴール」を、
達成はできてはいないかもしれませんが

「タスクフォーカス」したら、
「目標」を立てる前の自分より、
できてきたことはたくさんあるのではないでしょうか☺💡
ならば、その今までやっていなかった“タスク”を
一つでもできている自分を認めて褒めて、
心のエネルギーをプラスにし、それをより“行動”する力に変えて、
何度でも改善を加えながら、“挑戦”し続け、“行動”し続け、
「目標達成」へ取り組んで行けたらと良いと私は思っています💡

今日の言葉は、

目標達成するために、
自己嫌悪に気をつけよう!
ゴールを見つつも、
タスクに集中しよう!

という言葉💡

決して、「ゴールフォーカス」が悪いというわけではありません!
「タスクフォーカス」だけとなり、
「ゴール」を見ずに「タスク」をこなすことが目的となってしまい、
報われない自己満足の努力に陥っていはなりません!!
ただ、この両方をうまく使いながら、
ゴールを見て心を燃やし、そこから逆算したり、
目の前のできていること、やることに集中したり、
をうまく使い分け、最終的には「目標達成」できる自分に
成長出来たら最高だと思っています🔥🔥

今日の言葉が、皆さまにとって、
少しでもお役に立ったなら、
とても嬉しいです😊✨✨
今日も素敵な一日をお過ごし下さい☀️☀️

【公式LINE】では、
山路和紀がオススメする知識の配信やイベント情報など、
皆さまに有益なご情報を魂込めてお送りさせて頂きます🔥🔥

https://lin.ee/fSI2xeN

お友達登録を何卒宜しくお願いします🙇‍♂️

【受付中💡**】
体験個別コーチング🗣✨

●夢や目標を描けない。
●自分がやりたいことが分からない
●夢や目標は描けても、逆算計画が作れない
●行動できない
●行動し続けられない
●自分の考えや感情を整理したい
●本気で挑戦したい
●自分を変えたい

そんな方は、ぜひ上記URLにて
「公式LINE」ご登録の上、

「体験コーチング希望」

とメッセージください😊✨
詳細をご案内させて頂きます🙇‍♂️

もう大切な人生の時間を、
無駄にするのは辞めましょう🔥
私が本音で本気で
皆さまの未来をサポートします🔥

また、この記事を
少しでも気に入っていただけた方は、
ぜひ「良い言葉」を
多くの方に届けたいため、
●「スキ👍」ボタンのクリック
●記事のシェア📩
●コメント入力
も何卒宜しくお願い申し上げます🙇‍♂️✨✨

今日も最後まで読んで頂き、
本当にありがとうございました😊✨

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA