公式LINEお友達登録はこちらをクリック!

「選択と集中」がより一層求められる現代

24 views
山路 和紀

山路 和紀

自己実現キャリアコーチ&ランニングコーチ

■自己実現キャリア&ビジネスコーチ
■ランニングコーチ兼フィジカルトレーナー
箱根駅伝出場の名門大学と陸上実業団チームにて指導者を8年経験し、現在は子供から大人、初心者からプロまで教えるランニングコーチとして活動。
また、あわせて、スポーツ選手の指導経験をもとに、心理学・ビシネス・キャリアデザインについて学び、大学生・若手社会人、スポーツ選手のセカンドキャリアなどの就職、転職、自己実現するためのキャリアデザインについてのコーチとしても活動中。

FOLLOW

【みんなの朝礼☀️】
➡️(改め4/1〜)【やまじさんの朝礼☀️】

平日・月〜金曜日ほぼ毎朝投稿中📝

おはようございます☀️
運動指導者✖︎キャリアコーチの
山路和紀です😊🏃‍♂️🗣🔥笑

朝一から、
ちょっとした気づきや学びを発信し、
より多くの人たちの
「自分らしく幸せに生きる」
に少しでも貢献したいと思っております😊
何卒宜しくお願い申し上げます🙇‍♂️☀️

今日の言葉は、

選択と集中が
より一層求められる現代

という言葉🗣✨

【目次】
①やった方が良さそうなことで溢れる現代
②やめる選択のコスト
③現代は選択と集中で成功せよ!

最近の大学生や、
20代の社会人の方の
お話を聴かせていただいたり、

私自身も現代生きていて、

「選択と集中」

この言葉と考動が、
何か特定の分野で、
「成功」と自他ともに認める
結果や成果を出すためには
とても大切なキーワードになると
感じたため、今日は、
この言葉について書かせて頂きます📝

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

①やった方が良さそうなことで溢れる現代

現代は情報社会であり、
ある程度の欲しい情報は、
Google先生に聞けば、
ほぼほぼ手に入れられる📰

交通のインフラは整い、
お金と時間さえあれば、
個人でどこへでも行ける✈️🚃🚴‍♀️🚗

また、ちょっと前までは、
企業しかできなかったようなことが
アプリを通してのシステムの流通により、
個人で行うことができるようになった💡

実例を挙げれば、

Amazonやメルカリで、
個人対個人(C to C)で、
モノを売り買いできるようになったし、

Ubereatsでは、
個人が気軽に配達員になることが
できるようになったし、

storesを使えば、
ネット上ではあるが、
すぐに個人でお店を構えることができる💡

ランサーズ、クラウドワークス、
シュフティ、JOBHUB、
ココナラ、スキルクラウド
を利用すれば、
気軽にプロジェクトベースで仕事をしたり、
自分のスキルや強みを活かした
サービスを提供できる💪

上記のように、
「個人」が、
学びも、仕事も、遊びも、
情報、交通、ITのインフラが
整ったことにより、
莫大に行える選択肢が増えた!

選択肢が増えたことは、
個人がより、
自由になった、
縛られなくなった、
という部分では、
とても良いこと
だと、
私個人的には思っているのですが😅

一方、

選択肢が増えた
=個人でやれることが増えた

このことにより、
意識が高い学生や20代の社会人の方ほど、
たくさんの情報を積極的に取るため、
やった方が良さそうなことの情報も増えて、

たくさんやり過ぎて、
どれも中途半端でやりきれておらず、
結果が出ない。

こんな問題が起きていることが
多くなってきています💦

②やめる選択のコスト

たくさんやり過ぎて、
どれも中途半端になってしまい、
結果が出ない。

自分で自分を忙しくし過ぎてしまい、
身体や心を崩し自滅してしまう。

こんな問題が起きている、
実際の大学生や社会人の方に
多く直面しますが、

実は私も一時期は、
こんな状態でした😓💦

SNSで、
学んだ方が良さそうな
勉強会やセミナーがあれば、
分野を問わず参加したり、

人脈的なものができそうな
交流会やボランティア活動などに
多く参加し、

ビジネススキルを身につけようと、
ブログを行ったり、
クラウドソーシングで、
色んな依頼を受けてみたり、
Storesを運営してみたり。

たくさんのことを行い、
自分で自分を忙しくしていました。

ただこの時に、
確かに自分にあった感情は、

たくさん行動したり、
たくさん学んでいると、
何にも自分が結果や成果を
出せていないのにも関わらず、

なんか自分が凄いことを
しているようで気持ち良い

という状態でした💦

そして、
「やること」をどんどんプラスして、
もっと多くやれる自分が
凄い自分というように
勘違いしてしまい、

もっとたくさんのことをやろう、
もっと色んなことをやろうと、
自分にプラスばかりして、
プラスしている自分に
酔ってしまっていました💦

そこには、

やることを減らす。
やり始めたことをやめる。

という選択肢はありませんでした。

なぜなら、
ヒトは、新しく始めることは、
心理的なコストがなく、

新しいことを始める自分。
いいね❗️凄いね‼️
的なメンタルになれるし、

周りに凄いやつと
褒めてもらえる的な
メンタルになれたり、、、

プラスすることは
心理的なコストが少ない❗️

※もちろん身体的な負荷は
増える可能性はありますが、、、

一方、
ヒトは、自分がやり始めたことを
「やめる」決断をするのは、
コストが大きい💦

本当にやめてしまって良いのか。
これは、妥協なんじゃないのか。
これは、ワガママじゃないのか。
やめてしまったら、
誰かに迷惑をかけてしまうのでは。
周りから、やっぱりできなかったと
冷ややかな目で見られるのではないか。

こんな思考が巡り、
「やめる」という決断には、
「やる(プラスする)」意思決定よりも
大きなコストが発生します💦

だからこそ、
意識高い系の人ほど、
すぐに始められますが、
やめることはなかなかできない
という状況に陥りやすいのが
現代の問題なのです😓💦

③現代は選択と集中で成功せよ!

そんな、
情報が溢れ、
選択肢溢れ、
やった方が良さそうなことが
ありふれている現代では、

ついつい、
やった方が良さそうなことを
たくさんやり始めて、

でも、
「やめる」、「やらないことを決める」
ということができていない
現状が多く見られます💦

ただ、どんなに時代が変わっても、
その1人の人が持っている、

人脈、時間、エネルギー、お金、情報などに
代表されるリソース(資源)が、
多くなったわけではありません❗️

昔とあまり上限が変わらないリソースで、
でも選択肢が増え、
やった方が良さそうなことを
たくさんやってしまう現代は、

多くのことに、
1人の人間のリソースを
割り振ってしまうことで、
力が分散するため、
その分散した分だけ、
積み上げられる量や、
深められる深度が、
少なく、浅くなってしまい、
結局は、どれも中途半端で、
なんでも浅く広くできるし、
知っているけれど、

それのみで行っている専門家には
何一つ勝てない。

ある一定の成果や成功を
手にできない。

こんな現実問題が、
意識高い系の若者に
多く起きています💦

だからこそ、
現代は、

成功するために、
ある一定以上の結果や成果を得るために

「選択と集中」
=やることのやらないことを決める

という視点が、
より一層、価値を増していると
私は感じています🔥

自分の本当にやりたいこと
自分のゴール

を明確に描き、

その実現に
必要なことを
取捨選択し、

やると決めたことに
自身のリソースを
集中して費やし、

定期的に、
やらないことを決めていく❗️

これができる人が、
現代では成功できる人、
結果を出す人になるために
大切だなぁ〜

と実感しています🔥

今日の言葉は、

選択と集中が
より一層求められる現代

という言葉🗣✨

ただ一方、付け加えておきたいのは、
大学生、20代、30代は
選択した分野に、
リソースを集中して
結果や成果、
一定以上の成功を手にするべきだと
思っていますが、

その後の40代、50代、60代は、
経営視点、
人をマネジメントする視点と力を身につけて、
むしろ、「多動力」というのか、
たくさんのことを一気にはじめ、
たくさんの成功生み出していく、
こんな視点も必要なのかなぁ〜
とも思っています❗️

今日の言葉が、
皆さんの「自分らしく幸せな人生」を
実現・永続することに、
少しでもお役に立っていたなら、
とても嬉しいです😊✨✨
今日も素敵な一日をお過ごし下さい☀️☀️

★気づきや感想のコメント、質問、シェアなどして頂けると山路が泣いて喜びます🤣💡
ぜひお待ちしてまーす🤣‼️

【公式LINEのお友達登録募集中🙇‍♂️💡】

運動指導・走り・コーチングなどの
学びのシェアやイベント情報に興味のある方はこちら
🔽

https://lin.ee/oO1RAtS

キャリア・ビジネスなどの
学びシェアやイベント情報に興味のある方はこちら
🔽

https://lin.ee/fSI2xeN

※もちろん2つともご登録頂いても大丈夫です(^ω^)/

選択と集中

#ピータードラッカー
#現代の成功法則
#やらないことを決める力
#やった方が良さそうなこと
#時間の使い方

自分らしく生きる

やまじさんの朝礼

自己実現

ビジネス

駅伝

トップアスリート

マインドセット

経営者

生き方

天職

ランニング

人財育成

大学生

就職

転職

進学

スポーツ

子育て

マラソン

コーチ

キャリアコンサルタント

山路和紀

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA